GitHubの使い方:ローカルリポジトリ作成しファイルをリモートリポジトリへコピー

今回の記事はGitHubの使い方で、GitHub上にリモートリポジトリを作成した後、自分のPC上でGitHubと連携する「ローカルリポジトリの作成」について解説します。

ローカル(自分のPC上)でファイルを作成し、完成したファイルをGitHub上で共有したい!

というケースで活用いただける内容です。

今回の内容

  1. ローカルリポジトリの作成
  2. ローカルリポジトリ内でファイルを作成
  3. ローカルリポジトリの内容をGitHubへコピー
目次

ローカルリポジトリの作成

まず最初にローカルリポジトリを作成します。

ローカルリポジトリは、自分のPC上で作業を行うためのディレクトリ(フォルダー)のことを指しています。

Finder上で「新規フォルダー」を押して作成してもいいのですが、せっかくなのでターミナルを使って作成してみたいと思います。

アトフジ
アトフジ

ターミナルはコマンドでフォルダ間を移動したり、ファイルのアクセス権限を変更したりできる画面のことです!

【ターミナルのイメージ】

ディレクトリを作成

今回はデスクトップ上にコマンドでディレクトリを作成します。

【ターミナルでのコマンド】

$ cd DeskTop //DeskTopへ移動
$ mkdir sample-git //ディレクトリ作成

今回は「sample-git」というディレクトリ(フォルダー)を作成。

こんな感じでデスクトップ上にディレクトリが生成されます。

ディレクトリをローカルリポジトリに設定する

作成したディレクトリをローカルリポジトリとして使う場合は、ターミナルのコマンドで「GitHubのローカルリポジトリとして使いますよ!」という宣言をする必要があります。

【ターミナルでのコマンド】

$ cd sample-git  //sample.gitへ移動
$ git init //ローカルリポジトリに設定
まず「cd」で先ほど作成した「sample-git」へ移動します。
そして「git init」コマンドでsample-gitをローカルリポジトリに設定。
上記のメッセージが表示されれば成功です。
ちなみにsample-gitの中には「.git」というフォルダが生成されています。

git initで下記のエラーが表示される場合

xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun
下記のコマンドを打ち込んでみてください。
$ xcode-select –install
gitコマンドを実行するために不足しているファイルをインストールしてくれます。

ローカルリポジトリ内でファイルを作成

ローカルリポジトリとして設定したsample-git内で実際にファイルを作成します。

今回は「sample.html」というファイルを作成。

 

【sample.html】

 

ここまで出来たら下準備はOKです!

ローカルリポジトリの内容をGitHubへコピー

いよいよローカルリポジトリの内容をGitHubへコピーする手順です。

まずは、ローカルリポジトリからリモートリポジトリへファイルを送る際に必要となる、リモートリポジトリの場所(url)を登録します。

【ターミナルコマンド】

$ git remote add origin https://自分のモートリポジトリのurl

 

※originとはリモートリポジトリのことを指しています。

リモートリポジトリのurlは、実際に自分のリモートリポジトリのurlを入力してください。

※GitHub上で作成したリモートリポジトリを選択すると、ブラウザ上に表示されるurlがリモートリポジトリのurlです。

参考:今回作成したリモートリポジトリのurl

 

次に、一度リモートリポジトリの中身をローカルリポジトリへコピーします。

今回行いたいこととは逆ですが、初めてリモートリポジトリとローカルリポジトリでデータのやり取りをする場合はこれをやらないとエラーが表示されてしまいます。

【ターミナルコマンド】

$ git pull origin master
「pull」というコマンドがGitHubのリモートリポジトリからデータを取ってくるコマンドです。
下記のようなメッセージが表示されたら成功です!
次に、addというコマンドを使い、リモートリポジトリへコピーするファイルを指定します。
【ターミナルコマンド】
$ git add sample.html
今回は「sample.html」を指定しています。
作成したファイルが多い場合は、$ git add * とするとローカルリポジトリ内の全てのファイルを指定することが可能です。
また、「変更がったファイルのみを指定する」といった方法も可能です。
コピーするファイルを指定したら、必ず行う必要がある作業が「commit」という作業です。
【ターミナルコマンド】
$ git add commit -m “sample file”

GitHubは複数人数で共同開発する際の管理をすることが1番の目的なので、commitという「操作履歴」を残す必要があります。

commitを残すことによって「誰が、どのファイルを、どうしたのか」を自分以外の人が確認することが可能となります!

またGitHubではこの操作履歴に該当するcommitを、リモートリポジトリとローカルリポジトリの間でファイルが行き来する際に照合することで、間違えたファイルのコピー等を防止する役割を担っています。

詳しくは記述しませんが、GitHub上へファイルをコピーする際は必ず「commit」を行うと覚えておくといいです。

ちなみに””で囲まれた部分は任意のコメントを入力する事が可能です。

$ git add commit -m “任意のコメント”

今回はとりあえず「sample file」と記入してあります。

 

そして最後に、リモートリポジトリの内容をローカルリポジトリへコピーします。

【ターミナルコマンド】

$ git push origin master
pushコマンドを使うことで、リモートリポジトリへコピーする事が可能です。
上記のメッセージが表示されれば成功です!
一応GitHub上も確認しておきます。
ローカルリポジトリで作成した「sample.html」がGitHub上のリモートリポジトリへアップロードされていますね!
※README.mdはGitHub上でリモートリポジトリを作成する場合に「自動生成する」にチェックをしておくと、勝手に作成されているファイルです。
以上、少し長くなりましたが、ローカルリポジトリ作成しファイルをリモートリポジトリへコピーする方法でした。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30歳未経験でプログラマーへ転職を目指しているアトフジです。

プログラマー転職のために勉強したプログラミング知識、転職体験談を中心に情報発信しています。

現職:地方の金融機関
趣味:資産運用、読書、漫画

目次
閉じる